詩と出会う 風景と出会う3冊
other
5e9b0b7d515762183ce0b849

詩と出会う 風景と出会う3冊

残り1点

¥4,620 税込

送料についてはこちら

大手を振って出歩けない毎日。 でも、すこしお散歩をしたり、スーパーにでかけるなかで、いつもと違う空や草木と出会うことがあります。 そんな風に、日常の中の新しい風景と出会ったり、詩と出会えたりする3冊を選びました。 ・『八木重吉に出会う本』 詩:八木重吉、写真:小林恵、編 (いのちのことば社フォレストブックス ・古本) 若くして亡くなった詩人、八木重吉の詩と生涯を知ることができる一冊。悲しみの中での、美しさや普通の日常がより際立って見えるような、そんな詩と写真たち。 ・『ひかる雨が降りそそぐ庭にいて』宇佐美孝二 (港の人・新本) 愛知県出身、名古屋在住の詩人が綴る孤独と青春の詩。真っ白な表紙に、箔押しした白い文字で象られた装丁も綺麗。 ・『詩の中の風景―くらしの中によみがえる』石垣りん(婦人之友社・古本) 石垣りんが50人を超える詩人の詩を、自分の言葉をのせて紹介する一冊。知らない詩や風景に出会えるかも。