風を食べる / Eating Wind
5ea820393563fa0a64fc0c0a 5ea820393563fa0a64fc0c0a 5ea820393563fa0a64fc0c0a 5ea820393563fa0a64fc0c0a 5ea820393563fa0a64fc0c0a 5ea820393563fa0a64fc0c0a 5ea820393563fa0a64fc0c0a

風を食べる / Eating Wind

残り1点

¥4,400 税込

送料についてはこちら

赤鹿麻耶 写真集/赤々舎/354 × 257mm| 100頁 | 上製本/新本 第10回 Visual Photo Award 受賞作品。 注目の若手・赤鹿摩耶のファースト写真集。 イメージすること。それは自分の全写真の底を繋ぐものになる。 写真を撮り始めて以来、変化はいつも付き物だったが、 「イメージをもとに出発する。」 意識せずともこれだけはずっと変わっていないことだった。 それはもちろん現在も継続中で、終わりのない実験のようなものだ。 『風を食べる』は、そんな繰り返しの中で、 まずは自分自身が自分のつくるものを気持ちよい心で観るにはどうしたら良いだろうと、 そこに辿り着くための実験であった。 ーーー赤鹿麻耶 「日常の、なにげない情景が、ふと、ゆらぎよじれたとき、 こうした光景として、人の網膜に映り見えるのかもしれない。 きわめてエキセントリックでスチルな世界、醒めた欲望が 閉じ込められている、危ないイメージの遊戯。」------森山大道 「本書が載せる〈水中〉の写真は衝撃的だ。 プールの水が、ひとのあいだの壁となり、 〈わたし〉は、液体を掻き分けなければ他者に接近できない。 自分の表情すら、水中ではままならない。 〈世界〉は、流動する物質に包まれているのではないか。 本書の作者は、〈関係〉を液体として描きだした。 だから、風を〈食べる〉のだ。」------鈴木一誌 〔出版社より〕